社員インタビュー01|株式会社ボードルア

INTERVIEW

未経験での入社から
20代でマネージャーに昇進

第六技術部 部長M.Kさん

未経験での入社から、わずか8年目で部長に就任。
就職活動の際「20代のうちから挑戦したい」という明確な目標を持っており、それがボードルアの社風とマッチした。

現在の仕事内容ついて教えてください。

現在大手通信キャリアで、最先端クラウド技術に特化したクラウドコンサルタント業務に携わっています。お客様の予算や現状のシステム構成全体を把握したうえで、どのクラウドサービスを利用するか、どういった移行手段をとるかなどを詳細にヒアリングし、提案書を作成しています。システムのクラウドサービス移行は、ほとんどが大規模な作業になりますので、お客様にとっても私達にとっても一大プロジェクトです。

今はかなり難易度の高い業務を担当していますが、もともとは経済学部出身で、大学時代までほぼIT未経験でした。入社時から様々なプロジェクトで経験を積んできたからこそ、ITインフラストラクチャ全般を理解したエンジニアとして、お客様にも安心してプロジェクトを任せていただけているなと感じています。

ボードルアへの入社を決めた理由について
教えていただけますか?

若手に成長のチャンスを与えてくれる会社だと感じたからです。ボードルアは創業間もないベンチャーですが、それだけに20代の若手から責任のある業務に就いている社員が多いという印象でした。20代のうちから裁量権を持って働き、それによって自分の価値を高めるという「他の会社で経験できない仕事を20代で経験したい」というのがボードルアを選んだ理由です。

入社時の目標はどのように果たされましたか?今後の目標についても教えてください。

入社当初は漫然と「組織の中核にいたい」と考えていたのですが、実際にいくつものプロジェクトを任せてもらううちに、知識の面でも働き方の面でも、想像していた以上に成長することができました。

入社8年目の2021年には第五技術部の部長となり、「裁量権を持って働く」という目標も達成できています。現在は、部としての目標を達成するためのプランニングや、所属する社員のキャリアを一緒に考えるといったマネジメント業務に取り組んでいます。

今後はさらに専門分野の技術を磨きつつ、マネージャーとしても経験も豊富に重ねていきたいですね。自分自身の成長を通して「社員みんながそれぞれの夢を叶える」ようサポートすること、そして会社をさらにより良い組織にしていくことが、今の私の目標です。

ボードルアを目指す方へのメッセージをお願いします。

ボードルアには「年功序列」ありません。
ベンチャーだからこそ成長できる環境がここにはあります。

20代から活躍したい人、自分の価値を上げたい人はぜひボードルアに入社してください。
私も私の周りの社員たちも、新しく入社してくる皆さんから刺激をもらい、
共に成長していけるのを楽しみにしています。